最近のキーワード

netDXF nuget 店舗運営責任者:小松 孝平 ポコポコ line ポコポコ 株式会社AUQC 株式会社 Kossiy dynabook 0xC0000034 dynabook 0xc0000034 クイックランチャー

人気のキーワード

株式会社 デンターリユース 加藤弘一 詐欺 株式会社 リカーズ 友爱屋 株式会社 デンタ ーリユース 〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央11-2-9 ・店舗運営責任者: 加藤 弘一 ・店舗セキュリティ責任者: 加藤 弘一 株式会社 デンタ ーリユース 1つ以上のネットワークプロトコルが不足 株式会社 デンタ ーリユース評価 加藤弘一  ネット詐欺shop@sogoseibu.com 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央11-2-9

検索結果

これは比喩ですか? 試験問題で「枝から...

質問

これは比喩ですか? 試験問題で「枝から離れて降り注ぐ紅葉のごとき」に使われる表現技法は何かという問題なんですが、私は分からなかったので倒置法を選んだんですが、答えを見ると直喩でした なにが比喩されているのか教えて下さい

回答

比喩法の基礎です。 直喩(明喩)→「ようだ」「ごとし」「似たり」などの語を用いて、二つの事物を直接に比較して示すものです。 ●雪のような肌 ●蜜に群がる蟻のごとく集まる 暗喩→「…のようだ」「…のごとし」などの形を『用いず』そのものの特徴を直接他のもので表現する方法です。 ●時は金なり

カテゴリー

教養と学問、サイエンス > 言葉、語学 > 日本語


汚い世界を、きれいに撮っているような...

質問

汚い世界を、きれいに撮っているような映画を探しています。 人間の醜い部分であったり、目をそむけたくなるような部分を、美しく表現することで、不気味な雰囲気を醸し出している、 渇き。 のような技法の映画です。

回答

「渇き。」のような技法とは違うけど、ベルイマンの「叫びとささやき」「処女の泉」はそういう映画だと思います。去年上映された「海にかかる霧」も該当するかと。 「渇き。」に一番近いのは同じく中島哲也が監督した「告白」かと思います。 きれいかどうかはわからないけど「白ゆき姫殺人事件」「凶悪」は、「渇き。」に似た感じの映画だと思います。少し方向性が違うけど「へルタースケルター」も挙げておきます。

カテゴリー

エンターテインメントと趣味 > 映画


下記のテイストの写真が撮ってみたいの...

質問

下記のテイストの写真が撮ってみたいのですが、必要な環境(屋外なら天候など)や機材、技法がわかりません。 周りに説明しようとしてもうまく伝わらず、どこから調べていいものか悩んでいます 。外国の田舎の古びた家、壊れそうな納屋、小さな教会に顔色の悪い人達の葬送行進、ツタの絡まった外壁、霧のかかった森、苔の生えた墓石…等が出てきそうなイメージ…と、曖昧な表現でしか説明できないのですが…例を挙げるなら、「スリーピー・ホロウ」という映画の雰囲気がドンピシャです(あまり「高級感」がないのもミソです。ゴシックホラー?とはまた違うのでしょうか?)。 こういった画風に名称などはあるのでしょうか。一言でパッと表せるものはありませんか? そこから撮影法を調べて行きたいと思っています。 わかりづらいかもしれませんが、何となく察して下さる方がいると幸いです。

回答

機材より場所や状況でしょ? そういった場所はないですか?という質問が正しいと思いますが… で、ロケハンして撮影が出来たらその素材をあとは好みのグレーディング処理すればそれなりに。

カテゴリー

エンターテインメントと趣味 > 映画 > 外国映画


「枕もと 携帯おいて 君からの 返事のメ...

質問

「枕もと 携帯おいて 君からの 返事のメールを 待つ午前2時」 「気づいたら 視線の先には キミがいて ようやく気づく キミへの思い」 「告白の 言葉考え 寝た夜は 朝が来るまで 眠れず終わる」 この3つの表現技法を教えてください!(;´ρ`)

回答

枕もと ・・・体言止め 気づいたら ・・・体言止め、倒置法 告白の ・・・無し だと思います。

カテゴリー

教養と学問、サイエンス > 言葉、語学 > 日本語


よく平安時代の美人絵とかを見て、昔は...

質問

よく平安時代の美人絵とかを見て、昔は美人の基準が違ったとかいいますが、それって多分嘘じゃないですか?確かに現代からすると、昔の美人絵は美人には見えませんが、そもそも昔の絵は写実的ではないですよね? 人間が「美しい」と感じる価値観というものは、時代や文化などに左右されにくいもっと普遍的なものではないかと思うのです。その証拠に、江戸時代の写真で当時のモデルの顔なんかを見ていても、現代的な美男美女である場合が多いです。しかし、明治期に西洋画の技法が普及するまでは、幕末期でも絵画の方は変な顔に描かれています。つまり、昔の美人がが美人に見えないのは、単に絵画の表現技法の問題だと思うのです。

回答

表現方法の違いもありますが、当時の一般的な嗜好を強調・誇張したものでもあるのです。 また、単に絵画作品として残っているだけのことではなく、文学作品や私的な書簡などに記されている内容からも、過去の「一般的な美醜の基準」などは探れるわけです。 同時に、写真が残っているくらいの「最近」の人々は、かなり近代化されて以降のものです。 加えて、「美の基準」が異なる場合においても「美しい肌」や「左右対象」「(属する集団での)平均的配列」といった要素は、人類共通で本能的に持っている「良いと感じる要素」であって、美醜の基準が違っても、その時代・地域で「美しい」と考えられた人々の容姿は、少なくとも「左右対象」で、「平均的配列」の条件をクリアしていることが多く、後の時代でも「化粧は古くさいが、結構美人」などと認識されることがあるのです。

カテゴリー

健康、美容とファッション > コスメ、美容 > 美容整形


スターウォーズシリーズって超名作扱い...

質問

スターウォーズシリーズって超名作扱いされていますけど、オープニングで文字で重要な設定やあらすじのようなものをさらっと流してしまう技法って映画としてアリなんですか?? 昔からいつもあの長ったらしい文章を読むのがつらくて、見難い画角で早スクロール&長文に心が折れてしまいその後の内容が全く入ってこないというパターンになるんですが、(本編の内容とは別に)あれは決して映画的に上手な表現とは言えないような気がするんですがどう思いますか??

回答

斬新な方法ですが、あれもスターウォーズの一部で、あれを読んでる間に観客を映画の世界に入り込ませる効果も狙ってると思います。 実際、私はエピソード7のオープニングロールの最初の1文に鳥肌がたち、たちまちスターウォーズの世界に入り込んでしまいました。

カテゴリー

エンターテインメントと趣味 > 映画 > 外国映画


河野裕子の短歌 『逆立ちしておまへがお...

質問

河野裕子の短歌 『逆立ちしておまへがおれを眺めていたたつた一度のきりのあの夏のこと』の表現技法を教えてください!!

回答

「こと」は名詞なので体言止めですね。

カテゴリー

教養と学問、サイエンス > 言葉、語学 > 日本語


A梅の花にほひをうつす袖の上に軒もる...

質問

A梅の花にほひをうつす袖の上に軒もる月の影ぞあらそふ(藤原定家) B志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍りていづる有明の月(藤原家隆) 一 Aの歌について「あらそふ」とは何と何が競い合っているのか。( )に適語を記しなさい。 ( )に移った( )の香りと( )の隙間から漏れる( )が競い合っている。 二 Bの歌について、①この歌の修辞(技法)について答えなさい。 (1)「~有明の月」のように歌の終わりを名詞で止める技法を何というか。 (2)この歌には本歌がある。このように古い歌の表現や趣向を取り入れて新たな歌を詠む方法を何と いうか。 ②「遠ざかりゆく」とは、どのような理由で、何がどこから遠ざかるのか、説明しなさい。 C若葉して御目の雫拭はばや D斧入れて香に驚くや冬木立(与謝蕪村) C・Dの俳句の季語と季節をそれぞれ漢字で書きなさい。 三 Dについて作者は何に感動したのか書きなさい。

回答

A梅の花にほひをうつす袖の上に軒もる月の影ぞあらそふ(藤原定家) 一 空所補充問題 Aの歌の現代語訳は、こう。 「「梅の花」の香りを移した、私の「袖の上」に、 「軒」の隙間から漏れてくる「月の光」が映って、美しさを競い合う。」 この現代語訳を参考にして、(空欄)を埋められるかな。 和歌の中の言葉(古語)で書かなければならないから、注意してね。 この歌の場合は、「にほひ」は、「嗅覚に訴える感覚」、 現代語と同じ、「鼻で嗅いだ匂い」のことだよ。 「「梅」は「香り」を愛でる花」と覚えておくといいよ。 「影」とは、古語では、 ものの姿、形が、鏡や水の上に映ったもの、または、「光」のことを表します。 「面影(おもかげ)」といって、幻、幻覚のようなものを指すこともあるよ。 「月の影」とは、ここでは、「月光、月の光」という意味です。 だから、この和歌では、 梅の花の香り(嗅覚的情報)と、月の光(視覚的情報)が、 互いに響き合う美しさが主題となっているんだよ。 それを結び合わせるのが、「うつす」という動詞なの。 「香り」も袖に「移し」て、「月の明かり」も袖に「映し」ているのです。 二 修辞技法 観念的な和歌だけれども、 袖に梅の香りが移っていて、 また、袖に月明かりが映っているという状況を、 梅の香りと月明かりが美しさの「競争をしている」と表現しているんだよ。 「競争する、競い合う」なんて、まるで人間みたいだね。 人でない物の動作を、人の動作のように表現する修辞技法を、 なんと言うか、知っているでしょう? 前にも同じ種類の問題があったよね。 それから、この歌の場合は、「係り結び」も、「修辞技法」として書くことができるよ。 「月の影ぞあらそふ」のところで、 「ぞ」という「強意の係助詞」が係って、「あらそふ」が「連体形」で結ばれているんです。 このような構文をつくる古典文法上の規則を、「係り結びの法則」といって、 この和歌の場合、「意味を強める」という「表現効果」をもっているから、 「係り結び」も、「修辞技法」として考えていいのです。 それと、これは少し難しいのだけど、 「うつす」という言葉を、梅の花の香りを袖に「移す」の意味と、 月の明かりを袖に「映す」という意味との両方の意味を思わせるように用いられている・・・ ということは確かなんだけれども、 これは、なんというか、共通の音の言葉を、 「梅の花」と「月の影」を結びつける役割として配したのであって、 通常のいわゆる「掛詞(かけことば)」の修辞の仕方とは違うんだよね。 これを「掛詞」と指摘することは、その設問は想定していないと思う。 B志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍りていづる有明の月(藤原家隆) ①修辞技法 (1)「名詞」は、「体言(たいげん)」とも言うよ。よく覚えておいてね。 「歌の終わりを名詞で止める技法」は、 「体言止め」または「名詞止め」といって、 和歌に「余韻(よいん)を残す」という効果を与えます。 「余韻」というのは、言葉に言い尽くさない情感、という意味だよ。 「有明の月」が「どんなだ、どうだ、どうする」とは、 わざと言わないことによって、 歌を聞く人、読む人の、受け取る人の心の中で、 「どんなだったのかな」と、いろいろと想像できて、 「有明の月がこうだった!」とはっきり言われるよりも、 味わいが深くなるでしょう? そのような、想像の余地をわざと残して、和歌を詠み終えているんです。 (2)「本歌」からの「表現や趣向を取り入れて新たな歌を詠む方法」は、 「本歌取り(ほんかどり)」というよ。 この和歌には、「元ネタ」があるのね。 「さ夜更くるままに汀や凍るらむ遠ざかりゆく志賀の浦波」 という古歌。 この歌は、 「夜が更けてくるにしたがって、気温も下がり、 今頃は波打ち際が凍っているでのであろうか。 だんだん遠ざかっていく志賀の浦波(の音で、それがわかる)よ。」 と詠んでいる。 「らむ」というのは、「現在推量の助動詞」といってね、 今目に見えていない状況を、 「今頃~ているだろうか」と考えているときに使うんだよ。 目に見えていないのに、どうして、 「湖岸が凍っているんだろうか」と考えることができたのかというと、 それは、「浦波」の「音」がだんだん遠くなっていくからなのね。 だから、この元ネタの和歌は、「音を聞いて」詠まれた歌、ということなの。 質問の「志賀の浦や・・・」の歌は、 この元ネタの古歌「さ夜更くる・・・」の歌を、自分の歌の中に取り込んで、 「古歌に「岸から順に凍っていって波が岸から遠ざかる」と詠まれた、 あの志賀の浦よ、遠ざかっていく波と波との間から、 凍りついて出てくる有明の月・・・(の寒々しさと言ったらもう・・・)」 と詠んでいるのね。 「志賀の浦」といえば、「岸から順に凍っていって、波が岸から遠ざかる」という古歌に読まれた情景を前提として、 そこからさらに、「遠ざかった波の間から昇ってくるように見える、凍りついた有明の月」という新しい要素を盛り込んで、 元ネタの古歌とは別の情景を創造したのです。 元ネタの古歌と違うところは、 古歌は、浦波の「音」を聞いて、湖岸からだんだん凍っていくことを表現したのに対し、 「志賀の浦や・・・」の歌は、 「有明の月」が湖面を照らして、波が月光を受けて輝くでしょ、 その光の揺れ動きが遠くに見えるから、 「あー、あのへんは凍ってないけど、手前の方は凍ってるんだなー」 と、目で見たことを表現している、という点なんだよ。 ②どのような理由で、何がどこから遠ざかるのか。 「志賀の浦」というのは、琵琶湖の一区域です。 淡水だから、真冬になると、岸辺から順に湖の中心部に向かって湖面が凍っていく。 それで、「波」が、「湖岸」から遠ざかるのです。 したがって、 「真冬になって岸辺から順に湖面が凍っていくという理由によって、 波が、湖岸から遠ざかる。」 が答えです。 C若葉して御目の雫拭はばや 三 季語、季節 季語は「若葉」。 若葉とは、新緑のこと。いつの季節かわかる? D斧入れて香に驚くや冬木立(与謝蕪村) 三 季語、季節 季語は「冬木立」、もちろん、「冬」です。 「作者は何に感動したのか」。 これは、問い方が曖昧な設問。 本来、こういう設問の出題意図は、 「「切れ字」とその効果を理解しているかどうかを確認する」 ということのはずなのね。 「切れ字」というのは、「や」「かな」「けり」「か」「ぞ」などの語で、 俳句や連歌に「句切れ」を生み出し、 その語の付いた言葉に「感動の中心」がある。 「驚く「や」」となっていて、「驚く」という動詞に「や」が付いているよね。 「香や」には、なってないでしょ。 だから、作者の「感動の中心」があるのは、 「木の香り」ではなく、「驚いたこと」のほうなんだよ。 つまり、「斧を打ち込んだときに木の幹の内部から発した木の香り。」(に感動した)、というのは解答として不十分で、 「斧を打ち込んだときに木の幹の内部から発した木の香りに自分自身が驚いたこと。」(に感動した)、と考えなければならない・・・のだけど、 果たして、これがそこまで答えさせる意図で問われた設問かどうか・・・ 「切れ字」と「感動の中心」を問う問題なのではなく、 たんに「驚くや」の「驚く」を「感動する」と言い換えただけで、 要するに「作者は何に「驚」いたのか」と問いたいだけの、 もっと底の浅い設問なのかもしれない。 他の問題のレベルからいって、そういうこともあり得ると思う。 そうだとすると、これは、 「斧を打ち込んだときに木の幹の内部から発した木の香り。」 で、解答としては、良いことになる。 でも、 「斧を打ち込んだら、木の香りがするのは当たり前じゃないか、 それの何に一体「感動」を?」 という点を、説明しなければならないよね。 そこは、もう、第一回答者の方のおっしゃるとおりで、 「冬木立」なのだから、当然、枯れたような立木なんだよ。 乾ききって、死んだと見える冬の木々なのに、 斧を打ち込んでみたら、ちゃんと木の香りがする。 この木は、枯れてないんだ、ちゃんと生きているんだ、 長い厳しい冬を、こうして身を固くして耐え、 来たるべき春に、また若芽をふき出そうとして、力を蓄えているんだ、 自然の生命力のたくましさよ、自然の営みの確かさよ、 と、感動したんだよね。 そこを書き込まねば、正解としてあまりにも薄っぺらい。 だから、答案の作り方は2パターン。 「切れ字」を考慮した答案。 「斧を打ち込んだときに木の幹の内部から発した木の香りによって感じた、 冬枯れの木々の内部に秘められた自然の生命力のたくましさに、 自分自身が驚いたこと。」 「切れ字」を考慮しない答案。 「斧を打ち込んだときに木の幹の内部から発した木の香りによって感じた、 冬枯れの木々の内部に秘められた自然の生命力のたくましさ。」 いずれにしても、「何」と問われたら、「名詞。」で止めなければならないよ。

カテゴリー

教養と学問、サイエンス > 宿題


【至急】嵐の歌詞を使って詩を書きたい...

質問

【至急】嵐の歌詞を使って詩を書きたいのですが何か参考になるものはありませんか?表現技法を2つ以上使って書きたいです。 候補の曲は 『Still...』 『5×10』 『素晴らしき世界』 『言葉より大切なもの』 です。よろしくお願いします!

回答

Still…→いつか笑ってまた再会 そう絶対 5×10→本気で泣いて 本気で笑って 本気で悩んで 本気で生きて 今がある 胸をはれる 素晴らしき世界→明日も君が君でいるための涙に祝福を 言葉よりも大切なもの→今はそれが等身大の素顔で どんな明日に変えてみよう あなたよりも大きな愛はどこにもないんだよ (→候補曲外ですがたまに頭をめぐる大好きな曲!)アオゾラペダル→きっとぬりすぎた色って白にもどれないけど それでいい あたらしい色で明日を描こう 嵐の曲いい曲おおすぎて迷いますよねっ 参考になればうれしいです!

カテゴリー

エンターテインメントと趣味 > 芸能人 > 男性アイドル


NHK「サンダーバード ARE GO」を見て… ...

質問

NHK「サンダーバード ARE GO」を見て… 現在NHKで放映中の上記番組、CGを駆使したアニメーションと表現すべき技法なのかもしれません(うまく表現できませんが…。 ) リアリティは、現在放映中の「サンダーバード ARE GO」に軍配が上がるのかもしれませんが、しっくりときません。オリジナル版のほうが、アナログですが、しっくりときます。 オリジナル版のほうが、未来をより未来的に表現していたように思えます。 皆さんはどのようにお感じになりますでしょうか?

回答

私としては『最新技術をふんだんに導入』した結果、かえってデッドコピーっぽくなってしまった(=安っぽくなった)と思っています、ARE GOは。 物語の掘り下げが足りないような気がしますね、やはり。 私としてはARE GOは、製作者ならびに熱烈なファンには申し訳ないとは思いますが「よく出来た二次創作」レベル、と言うのが感想です。二次創作ではオリジナルを超えられません。

カテゴリー

エンターテインメントと趣味 > テレビ、ラジオ > 特撮




PR







ページのトップへ戻る